検索エンジンの研究をしている方におすすめの本

検索エンジンの研究をしている方におすすめの本ですが、2冊紹介したいと思います。

Googleを支える技術 巨大システムの内側の世界はGoogleの技術的な面、いわゆる、サーバーをどういう風に構築してるかとか、どのようなファイリングシステムを使っているかとか、電力の問題の解決とかが書かれています。

Googleを支える技術 巨大システムの内側の世界   [本]

Googleを支える技術 巨大システムの内側の世界 [本]


2冊目ですが、『グーグル的思考 Googleならどうする?』 はいろいろなウェブサービスについてコメントしていて、例えば著者の息子がフェイスブックのアプリを作って一年分の大学の学費を稼いだことなど、興味深い話が載っています。

また、Flickr,Techcrunch,twitter,iPhone,Google Map,などについて興味深い話が載っています。


グーグル的思考 Googleならどうする?  /ジェフ・ジャービス/著 早野依子/訳 [本]

グーグル的思考 Googleならどうする? /ジェフ・ジャービス/著 早野依子/訳 [本]


なぜ僕がサーチエンジンの本を勧めるかと言いますと、僕は13歳の時にサーチエンジンを作りまして、この7年間コツコツとアップグレードしています。コードネームはMohawk で、今は13万サイトが登録されています。

Mohawkのスパイダーも日本語に対応していますし、凄い速度でウェブページを集めてくれます。

コメント

このブログの人気の投稿

Sigmarion 3(シグマリオン3) でLinuxができた。